トリキュラーと生理痛で苦しむ女性

トリキュラーは低用量ピルとして多くの女性に親しまれています。避妊以外でも生理痛の軽減、卵巣がんなどのリスク低下、子宮内膜症の悪化を防ぐなどと言った嬉しい効果があります。正しく飲んで正しい効果を得るために当サイトを是非御覧ください!

トリキュラーでバストアップと甲状腺ホルモンの改善

トリキュラーは避妊の効果がある低用量ピルの1つですが、使用することで吐き気や頭痛など妊娠初期の症状に似た副作用を感じることがあります。副作用はトリキュラーを使用し続けることで気にならなくなることが分かっていますが、中にはバストアップという嬉しい副作用もあります。副作用には妊娠初期に似た症状と書きましたが、妊娠初期の症状に乳房のハリがあり、1~2カップほどバストアップする人がいます。しかも他の副作用とは異なり、トリキュラーを使用している間はバストアップしたままである人がほとんどですが、残念ながら使用を止めると元のサイズに戻るケースが多いです。
ところでトリキュラーは避妊や子宮系の治療だけでなく、更年期障害の治療にも使われることがあります。更年期と呼ばれる年代になると女性ホルモンの分泌が減少し始めるだけでなく、甲状腺ホルモンの分泌も減少し始めます。簡単に言えば女性ホルモンは女性らしい身体を作るホルモン、甲状腺ホルモンは体の代謝や臓器の働きに関係しているホルモンです。これらの分泌が減少することで精神的にも身体的にも不調や異変を感じるようになるのですが、トリキュラーは女性ホルモンの配合がされているのであり、甲状腺ホルモンは配合されていません。しかし女性ホルモンが減少してから甲状腺ホルモンが減少するので、まずはホルモンの量を一定に保たせることをします。先に減少するはずの女性ホルモンを摂取し、甲状腺ホルモン対策をとることになります。
トリキュラーを使用することでバストアップという思わぬ副作用もあれば、更年期特有の悩みを解決するためにも使われます。女性にとって強い味方になる存在と言えるでしょう。