トリキュラーと生理痛で苦しむ女性

トリキュラーは低用量ピルとして多くの女性に親しまれています。避妊以外でも生理痛の軽減、卵巣がんなどのリスク低下、子宮内膜症の悪化を防ぐなどと言った嬉しい効果があります。正しく飲んで正しい効果を得るために当サイトを是非御覧ください!

トリキュラーに拒絶反応してヤーズを飲めば避妊成功?

低用量ピルをつかって避妊をする場合、まず最初に悩むことになるのは製品の選択です。日本の女性の多くは、婦人科でトリキュラーの処方を受けて服用していますが、医薬品の薬効には個人差があり、中にはトリキュラーとの相性が良くないと感じる人もいます。そのような場合、他の低用量ピルを選択して服用することになりますが、もし迷っているのであればヤーズと呼ばれる製品を試すと、身体に負担をあまりかけずに避妊に成功させられる可能性があります。
低用量ピルは製造・販売が行われた時期によって4世代に分類でき、トリキュラーは第二世代、ヤーズは第四世代に分類されます。トリキュラーのような第二世代の低用量ピルの特徴は、時間の経過によるホルモンバランスの変化に合わせるように、服用開始からの経過日数に応じて体内に取り込む黄体ホルモン剤と卵胞ホルモン剤の量が変化していくことで、これにより不正出血が起きる可能性を抑えつつ、高い避妊効果を得ることができます。しかし、第二世代の低用量ピルはアンドロゲン作用が大きく、服用中には身体の男性化や、ニキビ、体重増加などといった症状が起きる可能性があります。トリキュラーが身体に合わないと感じている場合は、このアンドロゲン作用が原因の一つとして考えられます。
一方、ヤーズは黄体ホルモン剤の量は従来より多い一方で、卵胞ホルモン剤の量がそれまでの三世代の低用量ピルより少なくなっています。また、トリキュラーでは黄体ホルモン剤としてレボノルゲストレルが使用されていますが、ヤーズではこの物質が使用されていない代わりにドロスピレノンと呼ばれる物質が使用されています。これにより、従来の低用量ピルより副作用の症状が出にくくなっており、安全に避妊を行うことができます。