トリキュラーと生理痛で苦しむ女性

トリキュラーは低用量ピルとして多くの女性に親しまれています。避妊以外でも生理痛の軽減、卵巣がんなどのリスク低下、子宮内膜症の悪化を防ぐなどと言った嬉しい効果があります。正しく飲んで正しい効果を得るために当サイトを是非御覧ください!

トリキュラーの処方を継続的に続けると

トリキュラーとは、ピルの一種です。

産婦人科に行けば処方してもらえますし、最近ではネットでの購入もできるようになっています。

このピルには様々な効果があります。

まずは避妊効果です。

服用の仕方を間違えなければ、ほぼ100パーセント避妊をすることが出来ます。

次に、生理不順の改善です。

エストロゲンとプロゲステロンを生理周期に合わせて補って量をコントロールすることで、生理周期を整えてくれる効果があります。

この事から、生理が来る日をほぼ確実に特定する事が出来ます。

旅行や試験など、生理がかぶって欲しくない時には、薬の飲み方を調整すればずらす事も可能です。

また、最近では、トリキュラーを飲み続けることで、女性特有の卵巣がんや子宮体がんの予防にも効果があると報告されています。

1日1回同じ時間にピルを飲み続けるだけで、様々な効果が得られるのです。

しかし、トリキュラーは低容量ピルなのでピルの中では副作用が出にくいのですが、人によっては、吐き気や頭痛などの副作用が出る場合があります。

もう1つ気をつけなければならない副作用が、血栓症です。

血栓症とは、血液の一部が凝固して血管が詰まってしまう病気のことです。
40歳以上の方、肥満気味な方、元々高血圧な方は特に注意が必要です。

その為、長期的な服用を考えている人は、定期的に産婦人科に通って検査を受けることをオススメします。
そうすれば安心してピルを飲み続けることが出来ます。

利点と欠点があるピルですが、生理の事で悩んでいたり、避妊を考えている人は、1度医師に相談してみるといいです。

女性特有の生理とうまく付き合い、快適に過ごしていけるように、1度トリキュラーの服用を検討してみるのも1つの方法です。