トリキュラーと生理痛で苦しむ女性

トリキュラーは低用量ピルとして多くの女性に親しまれています。避妊以外でも生理痛の軽減、卵巣がんなどのリスク低下、子宮内膜症の悪化を防ぐなどと言った嬉しい効果があります。正しく飲んで正しい効果を得るために当サイトを是非御覧ください!

トリキュラーの口コミで評判の効果と気になる賞味期限

低用量ピルのトリキュラーは、排卵を抑えるためにホルモンに影響を与える薬で、子宮にも作用して受精卵の着床を防ぐ、精子が子宮内に入りにくくするなどの作用で、避妊をする際に有効的ですがそれ以外にも女性にうれしい効果が期待でき、口コミでは避妊用の薬の作用で生理痛を軽くしたり、生理不順や月経困難症を緩和、子宮内膜症など幅広く有効性が期待できるものとされていて、クリニックでも処方され服用している人たちがいます。

21錠入りと28錠入りのトリキュラーがあり、21錠入りの方は自分で7日間分休薬期間をコントロールする必要がありますが、28錠入りの方は薬効がないプラセボ錠が入っているので、毎日飲み続けるだけで済むため、口コミでも飲み忘れを防ぐことができると評価されています。休薬期間が必要以上にあると体の状態が元に戻ってしまうので、生理不順のコントロールなどはまた初めからやり直しになってしまうことが多いです。

食品に賞味期限があるように薬にも使用期限があり、トリキュラーは箱から出していない未開封の状態で製造年月から5年、箱から出したシート上で6か月ほどになります。いずれも湿度が低く直射日光があたらない、適切な場所に保管されていた場合で、それ以外では質が劣化したり効き目が悪くなることがあります。

飲み始めは不正出血があったりすることがありますが、飲み続けることで状態が緩和される人が多いです。薬の作用により血栓ができやすくなる人もいるので、薬を飲むときには多めの水や白湯で飲んだり、日ごろから水分をこまめに摂取するようにしたり野菜などをバランスよく食べるようにするなど、血液がドロドロにならないように配慮しておくと血栓ができにくくなります。