トリキュラーと生理痛で苦しむ女性

トリキュラーは低用量ピルとして多くの女性に親しまれています。避妊以外でも生理痛の軽減、卵巣がんなどのリスク低下、子宮内膜症の悪化を防ぐなどと言った嬉しい効果があります。正しく飲んで正しい効果を得るために当サイトを是非御覧ください!

生理期間チェック過長月経ならトリキュラーがおすすめ

女性には毎月、生理という習慣があり、初潮を迎えてから閉経するまで、妊娠、出産による一時的な休止期間はあるものの、何十年と付きあっていかなければならないもので、この生理に何らかの不具合があれば、女性の日常生活の質は確実に低下してしまうといえるでしょう。生理というものはとても個人差が大きく、遺伝子的に近い親子や姉妹であっても、周期、継続期間、経血量、生理痛の有無やその度合い、また生理が始まる前に起こるPMSなど、それぞれに特徴が違うもので、全く普段と変わらずに過ごせる方もいれば、ひどい体調不良に悩まされる方もいらっしゃいます。生理における様々な障害を、個人差があるものだから仕方がないと、諦めている女性も多いようですが、日常性格に支障をきたすほど問題がある場合には、何らかの疾患が隠れている場合もあるので、婦人科でチェックしてもらうほうが安心です。女性の中には、生理不順に悩まされている女性も多いですが、過長月経もこの生理不順の一つといわれており、通常であれば三日から七日ほどしか続かない生理出血が、八日以上もだらだらと続き、ひどい場合には一か月も出血し続けてしまうこともあり、子宮筋腫や子宮内膜症、子宮がんなどが原因となっていることもあるので、できるだけ早めに婦人科を受診しましょう。しかし、ホルモンバランスの乱れやストレスなどでも、過長月経になってしまっている場合もあるので、こういった時は、低用量ピルで改善させられます。中でもトリキュラーは、日本で、最も流通しているといわれている人気の高い低用量ピルで、日本女性の身体にあっており、初めてピルを服用する方でも扱いやすいピルだといわれています。