トリキュラーと生理痛で苦しむ女性

トリキュラーは低用量ピルとして多くの女性に親しまれています。避妊以外でも生理痛の軽減、卵巣がんなどのリスク低下、子宮内膜症の悪化を防ぐなどと言った嬉しい効果があります。正しく飲んで正しい効果を得るために当サイトを是非御覧ください!

トリキュラーと他の低用量ピルの違い

日本の女性が低用量ピルを用いて避妊をする場合に多くの人が手にする「トリキュラー」は、他の低用量ピルの製品と比較してどのような違いがあるのでしょうか。
トリキュラーは低用量ピルの中では第二世代に分類されています。
第二世代の低用量ピルは黄体ホルモン剤としてレボノルゲストレルと呼ばれる物質を錠剤に含有しており、ノルエチステロンと呼ばれる黄体ホルモン剤が含まれている第一世代の低用量ピルと比較すると少ない量で作用させられるのが特徴です。
ただし、アンドロゲン作用も第一世代と比較すると強くなっており、服用中にニキビや身体の男性化などの副作用が起きることがあります。
このため、トリキュラーなどの第二世代低用量ピルは、ほとんどが錠剤中のレボノルゲストレルの含有量が3段階に分かれている三相性ピルとなっています。
三相性ピルを使用すると、女性の体内の黄体ホルモンと卵胞ホルモンのバランスの変化にあわせて、体内に投与する合成黄体ホルモンと合成卵胞ホルモン剤の量を変化させていくことができます。
そのため、1シートのすべての錠剤の含有量が同一である一相性ピルと比較すると、不正出血が起きる可能性や、服用を休止しても生理がおきない可能性を低く抑えつつ、無理なく避妊をすることができます。
トリキュラーと同世代の低用量ピルを比較すると、添加物の構成と包装の仕方に違いがあるものの、合成黄体ホルモンと合成卵胞ホルモンの含有量や、錠剤の数についてはまったく同じです。
そのため、最寄りの医療機関でトリキュラーを取り扱っていない場合は、他の第二世代の低用量ピルを取り扱っているのであれば、それを選択すればトリキュラーとほぼ同じ薬効を得ることができます。

■トリキュラーのくわしい情報はここからご覧ください
低用量ピルで自己管理